2018年03月15日

地域とともにある学校づくりに 「昔の遊び」で協力しました     老人クラブきらく会

3月13日(火)に富洲原小学校にお邪魔して、小学校一年生と「昔の遊び」を楽しみました。きらく会からは40
数名が参加して、一年生75名と1対1.5位の密接な関係で学んでもらいました。提供した昔の遊びは下記のとおり。
 視聴覚室 花いちもんめ、お手玉、けん玉
 図書室  パッカン、あやとり、折り紙
 講堂   紙飛行機、コマ、竹とんぼ、しょうや(めんこ)
花いちもんめでは元気の良さにこちらがタジタジとなったり、折り紙は苦手だけどあやとりは得意の男の子がいた
り、紙飛行機を思いっきり遠くへ飛ばしたりと、本当に皆がうれしそうな顔をして楽しんでもらいました。
子ども達の顔写真はあまり掲載できませんので、支障のない範囲で画像を選択しました。配慮しました。
会員同士も昔にかえって、思いっきり楽しんだことはいうまでもありません。


一斉に紙飛行機を飛ばす.JPG
posted by 富洲原地区ホームページ委員会 at 11:20| 活動報告